2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ♪ハピログ メインメニュー♪ | トップページ | 障害者自立支援法Part2 »

2006年10月12日 (木)

障害者自立支援法Part1

ゆ い :最初の記事は今話題の「障害者自立支援法」について語っちゃいましょう!

ぐれいぶ:語っちゃってくれ~

ゆ い :いやいや、あなたもね

ぐれいぶ:だって俺、よく知らんし

ゆ い :……さて、「障害者自立支援法」、色々な決まりごとがありますけれど、大きなところで言ったら、やっぱり、自己負担額の問題だね。

ぐれいぶ:あ~サービスを使うのに、原則1割負担ってやつ?でもさー、それって当たり前じゃん?サービスを金で買うのなんて、世の常識だべ。

ゆ い :だべ……。でもね~、障害がなかったら受けなくてもいいサービス、障害がなかったら出費しなくていいお金、障害のために医師から勧められて利用しているサービスに、一律で1割負担というのは、厳しい家庭も多いのよ。

ぐれいぶ:そうか~。そういえばそもそも、自立支援法ができるまでは、自己負担ゼロだったわけ?

ゆ い :一律ゼロだったわけじゃないよ~。民間の法人団体がやっている福祉施設なんかは、支援費という制度を使って、利用料も一部負担だったの。つまり、サービスを利用すると、そのサービスに見合ったお金を市町村がサービス運営側に支払って、残りの利用料を一部、サービス利用者が支払う仕組みだったわけ。

ぐれいぶ:それって……自立支援法も同じだべ?

ゆ い :そーねー。ただ、支援費制度では、使ったサービスそのものと、本人の障害の度合いや諸々の事情を勘案した自己負担額だったのに対して、自立支援法のほうは、どんな事情があろーとも、一割負担してねってことなのよ。

ぐれいぶ:あぁ~、だから一割負担っていうのが強調されてるのか。

ゆ い :そうそう。ちょっと話はそれるけど、民間の保育園の利用料って、各家庭の所得に応じた負担になってるじゃない?だから、収入の多い家は、結構高額な利用料を払っているし、所得の低い家庭は負担も軽いの。それが、一律一割負担ですよってことになったら、どうなると思う?

ぐれいぶ:低所得の家庭は利用料が値上がり、高所得の家庭は……

ゆ い :「一割しか」負担しなくて済むようになるわけ。

ぐれいぶ:金持ちに優しい国だね!

ゆ い :その表現、何だかイヤンな感じ(汗)

ぐれいぶ:で、「一割負担は金持ちに優しい嫌な制度」という事を説明して、この記事は終わるわけ?

ゆ い :人聞きの悪い言い方しないでよ!支援費をばんばか使って、国のお金がなくなってきてるわけだし、財政的な事情もあるわけだから、そう批判ばかりしていてもしようがないと思うよ。

ぐれいぶ:また~八方美人なやつめ。

ゆ い :……さて、次回のPart2では、自立支援法のサービスについてを掲載したいと思います。

ぐれいぶ:スルーしてまとめやがって!

ゆ い :沈黙こそ最大の言葉なり。 では、またお会いしましょう♪

« ♪ハピログ メインメニュー♪ | トップページ | 障害者自立支援法Part2 »

私の近くの社会福祉」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害者自立支援法Part1:

« ♪ハピログ メインメニュー♪ | トップページ | 障害者自立支援法Part2 »