2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 障害者自立支援法Part2 | トップページ | 知ってほしい「発達障害」1 »

2006年12月15日 (金)

気軽にできるミュージック・ケア

今日、休暇を取って、病院に行ってきました。正確に言うと、病院の療養病棟で行われたミュージック・ケア(音楽療法?)を見学に行ってきました。

音楽療法って言うと、すんばらしいピアノを弾いて、歌ったり踊ったりするのを想像するのですが、日本ミュージックケア協会http://www3.nsknet.or.jp/~m-care/が認定するところのミュージック・ケアとは、楽器がなくてもCDで音楽を流すだけでできる、誰でもどこでもできる音楽療法なのだそうです。

もちろん、セッション(ミュージック・ケアの実施)を行うには、協会の講習を修了しないとダメ。初級・中級・上級とあって、初級講習をマスターすれば、基本的なセッションはできるんですって。

さて、今回このセッションの見学に誘ってくれたのは、10月に仕事の研修で行ったデイサービスの所長さん。その方は、初級の認定を受けて、現場でミュージック・ケアをやっている方なんです。まぁ、そのミュージック・ケアを見るために、研修に行ったんですけどね^^。でも、我が故郷、群馬県でミュージック・ケアをやっている人は、実はその所長さんだけで、今日来た先生は茨城県水戸市の人。認定を受けた人が3人集まれば、群馬にも研究会(支部みたいなものかな~?)を作れて、拠点にして活動できるんだそうな。

現場にも導入しやすいし、私は講習を受けてみようと思っているんですが(お値段がちょっと痛いけど…)、誰かもう一人一緒に受ける人いないかな~なんて思ったりしています。どうせなら、研究会できる人数になったらいいじゃない?(^-^)

群馬県在住で、音楽が好きで福祉やボランティアに興味があって、実践してみたいと思う行動力のある人……どこかにいないかな~~。

ちなみに、CD以外に手に持って使った楽器はこんなものです。他にも、布を縫い合わせて作ったでっかい風呂敷みたいのや、キャンディボール、シャボン玉とかを使いました。

Dcf_0020 ←スズ、マレット(ばち)、鳴子(なるこ)、ぴこぴこハンマー(?)

« 障害者自立支援法Part2 | トップページ | 知ってほしい「発達障害」1 »

右も左も分らぬ音楽療法」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気軽にできるミュージック・ケア:

« 障害者自立支援法Part2 | トップページ | 知ってほしい「発達障害」1 »