2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 作品展 | トップページ | 疲れているのか? »

2008年5月27日 (火)

心を通わせる

人と話をするのはとても大変だ。

相手の気持ちは分からない。予想をしたところで、不確実極まりない。

特に、人に注意したり反対意見を言ったりする時は、いっそう気を遣う。

いけないことは理解してもらわなければならない。

けれど、相手のプライドを傷つけてはいけない。

相手を傷つけず、気持ちよく、相手をたしなめるのが、技量の問われるところ。

福祉の現場とは、そんなものだと言われている。

けれど、どうだろう?

信頼関係は大切。相手の尊厳も守らなくてはならない。

怒ったり叱ったりすることによって、信頼関係を崩してはならないし、そのような脆い信頼関係のうちは、まだ怒るということは控えた方がいい。

けれど、注意を促すときに、全てをさりげなく、気持ちよくやり過ごすだけでは同じことを繰り返すことにならないだろうか。

やはり時には、「怒られた、悪いことをした」と落ち込むことも必要ではないだろうか。

傷つくことで、二度と同じ過ちは繰り返さないようにと、納得することもあるのではないだろうか。

怒ればいいと言うものではない。けれど、穏やかに気持ちよく過ごせればいいかというと、そうでもないと思う。

私はやはり、福祉職には向いていないのだろうか。

« 作品展 | トップページ | 疲れているのか? »

つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心を通わせる:

« 作品展 | トップページ | 疲れているのか? »