2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« イマドキの敬語! | トップページ | オンラインのコミュニケーションと被虐体験 »

2009年3月 7日 (土)

飼い主の疑惑

先日、用事があって、珍しく仕事を定時ちょっと過ぎで上がりました。
日もだいぶ延びてきたせいもあり、明るいうちに帰宅。猫が玄関まで出迎えに来ています。

「ただいまぁ~」
私が靴を脱ぐと、マキ(♀)が足元にスリスリ。ベム(♂)は一目散に猫トイレに行って、ご飯(餌)に備えるのが我が家の慣例です。が、この日は二匹とも無言。私が猫餌の缶を手にしても、なんだか二匹で猫トイレの前で顔を見合わせている。
「ご飯だよ~」
呼んでみると、二匹からずいぶん冷たい視線が送られてきました。

ここで、二匹の心の内を推測。

「ゆいちゃんが帰ってきたわ♪」
「ご飯だにゃん」
「でも、まだ明るいわよ」
「本当だにゃん。おかしいにゃん」
「きっと忘れ物よ」
「忘れ物だにゃん。ゆいちゃんはドジだにゃん」
「まったくドジね~」

そんなやりとりが、猫トイレの前であったのではないかと、飼い主は思うのです。
ちなみにこの翌日にも、同様の反応をされたので、きっと

「また忘れ物よ!」
「また忘れ物だにゃん」
「ドジねぇ」
「ゆいちゃん…ドジで可哀そうだにゃん」

……ドジでごめんにゃん。

« イマドキの敬語! | トップページ | オンラインのコミュニケーションと被虐体験 »

猫-neko-cat-♪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飼い主の疑惑:

« イマドキの敬語! | トップページ | オンラインのコミュニケーションと被虐体験 »