2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 冬至ですね | トップページ | 謹賀新年 »

2009年12月30日 (水)

やっとNHK音楽祭

の録画をゆっくり見ることができました。
前にも多分、1回くらい記事を書いたのですが、あの時はあまり落ち着いて見ることができず、感想らしい感想を書いていなかったと思います。

N響とゲルギエフのコンビ。これが見たくて録画していたのですが、何しろ一曲が長いクラシック、なかなか見る暇がありませんでした。
と言って、ぶつ切りで見るなんて、ナンセンスだと思うのです。
せっかくの音楽ですから、出だしの呼吸から最後の音が消えるまでを続けて聴いて、全体の流れを楽みたいですものね。
あ、もちろん、一通りを見た後ならば、好きな箇所だけを見るのとかもOKです。

そんなわけで、NHK音楽祭2009、最終夜のゲルギエフです。曲目は芥川也寸志の「弦楽のための三楽章」、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番、チャイコフスキーの交響曲第6番、通称「悲愴」でした。

番組解説者も触れていましたが、N響は冷静で紳士的な、どことなく「かしこまった」演奏が得意です。対してゲルギエフはエネルギーの塊みたいな激しい指揮をするのですが、これが見事にN響の良いところを引き出してくれて、N響とゲルギエフの組み合わせには、いつも驚かされます。いつものN響とは一味違う、ゲルギエフの音になる、けれどマリンスキー(ゲルギエフがずっと音楽監督をしていた楽団)の音とも違う、ミラクルが起こるのです。

有名どころのチャイコフスキーの「悲愴」は、「え?N響ってこんな音だったっけ?」と耳を疑いました。金管の重厚さ、張りのある音色。もちろん、国内最高峰の楽団ですから、うまいのは当然としても、「らしくない」金管の音でした。贅沢をいえば、第4楽章の入りの部分の弦集団……もうちょっとゲルギエフっぽい音が出ていると良かったなぁ。寒い国の、ピンと張りつめた凍るような空気……これは好みの問題ですが、ゲルギエフとマリンスキーだと、この4楽章の出だしには、そんなイメージがあります。湿度の関係もあるのか?日本はやっぱり温暖な感じの音のような気がしました。……NHKホールの音響の問題もあるのかも(笑)

一番安い席でも、ともかく生でも聴いておけばよかったなと、今更ながらに思いました。テレビ放映は指揮者の動きや演奏者の動きが良く見えて、それはそれで好きですけれどね。

しかし、マニアックな日記になてしまいました。マイミクにネタの分かる人いるかな……。

« 冬至ですね | トップページ | 謹賀新年 »

取るに足らない日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっとNHK音楽祭:

« 冬至ですね | トップページ | 謹賀新年 »