2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ナンバー2不要論~コズミック・モザイクの裏側~(銀河英雄伝説 二次創作) | トップページ | ベートーヴェンは凄い!のチケット取っちゃいました »

2012年12月24日 (月)

「意志の勝利」 鑑賞録

H241224ishinoshori_2

ドイツ映画好きが高じて、廉価盤ではありますが、「意志の勝利」を
購入してしまいました。さすがにレンタルはないので……。

レニ・リーフェンシュタール監督による、ナチス党大会の
ドキュメンタリー映画です。
当然ですが、ナチスによるプロパガンダ映画ですね。

映画とは言っても、演説シーン以外はセリフもなく、大半の時間が
パレード映像で、音楽のみです。ナレーションもありません。

製作されたのは1935年、党大会自体は1934年のものです。
しかし、この時代のものとは思えないほどの映像美。

もちろんモノクロですし、古い映画ですから映像ノイズも多いです。
が、撮影手法と言いますか、カメラワークと言いますか、
オープニングからしても、監督のこだわりを感じました。

当時、こんな映像を作った人は他にいないのではないか、と思います。

芸術作品として、一見の価値あり。

内容ですが、時代的にはナチスに一番勢いのあった時期。
多くの国民の支持の下、ヒトラーが政権を取った時代です。

ヒトラー総統の演説で印象に残った言葉は……
「勇敢であれ。だからこそ平和を愛せよ」
「国が我々をつくるのではない、我々が国をつくるのだ」
「ドイツのために、国のために、国民のために私は働く」

当時のドイツは、第一次世界大戦の敗戦国として、
今の日本とは比べ物にならないほどの大不況、低迷期でした。
そしてヒトラーはまず何よりも、雇用の創出を図り、
この党大会時点で、それは成功しつつありました。

ヒトラー自身も愛国心に燃え、貧しい国民のために
強固な国をつくり、発展させることを、本当に目指していたように
見受けられました。

……それほど、演説が巧妙だったということでしょうか。
思わず私も「ハイル!」と言いたくなりましたから(笑)

さて、ヒトラーの演説映像などは、実は動画サイトなどでも
見られるのですが、演説時はいかめしい顔をしている総統。

オープニング、飛行機から降り立って民衆の歓呼に応える
総統の、良い笑顔に思わず私の顔もほころびました。

作中、何度かヒトラーの笑顔が拝めました。
これ、とってもレアなんじゃないかと。

……と、下らない感想でした。
念のために書き添えておきますと、私は別にヒトラー崇拝を
しているわけではありません。彼の著書「我が闘争」も
読みましたが、彼の思想を全面的に支持しているわけでは
ございませんので、あしからず。

さてさて、今の日本に、ヒトラーの100万分の1でも
愛国心のある政治家が、果たしているでしょうか。

« ナンバー2不要論~コズミック・モザイクの裏側~(銀河英雄伝説 二次創作) | トップページ | ベートーヴェンは凄い!のチケット取っちゃいました »

映画鑑賞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「意志の勝利」 鑑賞録:

« ナンバー2不要論~コズミック・モザイクの裏側~(銀河英雄伝説 二次創作) | トップページ | ベートーヴェンは凄い!のチケット取っちゃいました »