2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 銀河英雄伝説と私の人生 | トップページ | 久々にお仕事ネタ~優しいですねと言われても……~ »

2013年3月31日 (日)

フジコ・ヘミング ピアノソロコンサート2013

ツイッターTLで、唐突に「官房長ぉぉぉー!!」という私のツイートを見てしまった方、ごめんなさい(笑)相棒劇場版IIを日曜洋画劇場で見ていたためです。いやぁ、劇場でも観たのですが、ね……。それと大河内&神戸くんのシャワーシーンが、相棒ファン的には見どころなのでしょうか……。

余談はさておき、本日、フジコ・ヘミングさんのピアノコンサートに行ってきました。

曲目は

バッハ 「主よ、人の望みの喜びよ」
     「シチリアーノ(フルート・ソナタ 第2番 変ホ長調)」

シューマン 「トロイメライ」
       謝肉祭「4つの音符による面白い情景」

ラフマニノフ 「13の前奏曲 作品32より 第5番 ト長調」

ショパン 「幻想即興曲」
      「ノクターン(第20番 嬰ハ短調 遺作)」
      「エチュード(作品25より 第11番 イ短調 木枯らし)」

リスト 「ため息」
    「泉のほとりで」
    「ラ・カンパネラ」

会場は、群馬県民会館でした。音響悪すぎ(泣)

ご本人がスピーチで、2か月前から風邪を引いていてコンディションが悪く、耳がほとんど聞こえない。自分の弾いている音が聞こえていないと、おっしゃっていました。

聞こえていなくても、あんなに情感を込められるものなんですね……。味わい深い演奏でした(評論家じゃないので、多くを語ろうとは思いません)。

プログラムを見て、冒頭に「え?バッハ?」と思いました。フジコさんがバッハをどう弾くのだろう?と。私の中のバッハの印象って、規則正しいというか、理詰めの音楽というか、機能美に特化しているという感じなのですが、フジコさんは、大枠を崩さない、でも「彼女の」バッハという感じで演奏されました。面白い組み合わせで、ちょっと不思議。久しぶりにバッハのオルガンを聴きたくなりました。

コンディションのお悪い中、本当に良く最後まで、こんな鬼畜なプログラムを(笑)演奏されたなと思います。後半は体調万全でも鬼畜ですよねぇ。

ちなみに、3曲目に入ったシューマンのトロイメライは、予定にはなかったのですが、「遅れて入られる方のために弾きます」とおっしゃっていました。その間に、入り口が開放されたのかな?……親切すぎです(涙)

チケット完売、当日券なしと、田舎にしては高額なチケットだったのに、あれだけ集客できるクラシックのピアニストって、あんまりいないですよね。

ぜひとも、早く回復されて、次の機会を作って頂きたいものです。

« 銀河英雄伝説と私の人生 | トップページ | 久々にお仕事ネタ~優しいですねと言われても……~ »

音楽いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フジコ・ヘミング ピアノソロコンサート2013:

« 銀河英雄伝説と私の人生 | トップページ | 久々にお仕事ネタ~優しいですねと言われても……~ »