2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ジーク・カイザー~史上最大の作戦 (銀河英雄伝説 二次小説) | トップページ | 銀英伝イラスト オーベルシュタイン(嫌な予感) »

2013年3月13日 (水)

二次創作資料の紹介…もとい銀英グッズ紹介

銀河英雄伝説の二次創作SSを中心に書いている私のモットーは、原作との間に矛盾を生じさせないことです。

どういうことか?というと、オーベルシュタインの休日を書くとします。情景描写の中に、服装や寒暖、外の景色を描く際、季節感が必要ですよね。とすると、せめて何月のことなのかは、決めておかないといけません。

他にも、参謀長時代か?軍務尚書時代か?階級は?赴任地は?戦いの最中ではないか?といったことを考慮に入れます。

例えば、軍務尚書時代の秋を舞台にすると、新帝国歴1年か2年に限定されます。その時期に、大きな戦役がないか、あればその戦役に要した期間と、戦場への往復の時間を差し引いて、作戦行動が実行されていない時期を選びます。オーベルシュタイン自身が戦場に同行していなくても、さすがに多くの将兵が出兵している期間に、のんびりと休日を過ごすのは、リアリティに欠けると思うからです(二次創作でリアリティも何もないが……)。

そんなわけで、たった10,000字にも満たないSSですが、意外と下調べが必要なのです。そこで、私の下調べ用資料と妄想用資料を、記録という意味でUPしていきたいと思います。

その1.原作

H2531301gensaku
当時は子どもだったので、古本で買って、足りない分を新刊で買ってたので、新書と文庫が入り乱れています。言わずと知れた、銀河英雄伝説の原点。

その2.映像資料

H2531302video
写真は古本屋で購入のVHS。DVDは大人になってから揃えましたが、基本的にデータは全てPCの中にあり、見たい時に見たいシーンが取り出せるようになっています。ジャケットはVHS時代のが好きです!

その3.エンサイクロペディア

H2531312
平たく言うと、登場人物事典ですね。人物ごとの略歴があり、誰がいつ頃どの戦いに参加したなど、簡単に調べられます。これで調べてから、原作を調べることが多いです。あと、名前しか出てこない脇役も載っているので、オリキャラを出したい時に、姓名をシャッフルして使ったりします。

その4.コミック(道原かつみ版)

H2531303comic
キャラ設定やシーン描写の理解を深めたい時に使用。

その5.フィルムブック

H2531304filmbook
OVAの作画に基づいたコミック。イラスト用資料としては優秀。あと、服装や部屋の様子などを確認したい時など、映像で探すよりも早いです。

その6.コンプリートガイド、読本、メカニック&声優事典

H2531305mook
コンプリートガイドには総合年表があるので、かなり参考にしてます。キャラクターの設定資料なども。読本は、単行本に収録されていない外伝の原作あり。メカニック&声優事典は、メカの解説が凄いです。戦艦内でのエピソード描写などの参考としています。この艦とこの艦が兄弟艦だとかいう、裏設定もあります。

その7.ゲーム

H2531306game
古いゲームですが、航路や星系の位置関係、各都市の生産力などの情報を参考にしています。戦場までの行程、所要時間などの計算に。実際、このゲームを参考に独自でまとめたデータを使用していますが。

以下は、下調べ資料というより、妄想用資料です。

その8.トレーディングカード

H2531307card
キャラ萌え資料。書籍よりも劣化が少ない素材なので、重宝しています。

その9.CD(サントラ、主題歌集、ドラマCD)

H2531308cd
サントラはぶっちゃけクラシックCDと変わらないです。主題歌集はオープニング、エンディングテーマと、同盟・帝国の国歌のフルバージョンが聴けます。イメージを膨らませたい時に使用。ドラマCDはOVAの音声だけを拾ったものです。寝る時に聴けば、銀英伝の夢が見られるかも!?……個人的に、塩沢兼人さんの声を堪能する用。

その10.ポストカード

H2531309postcard
販促ポスター用の絵をポストカードにしたもののようです。オーベルシュタイン閣下は不在。当時の彼の扱いって、その程度でした。キャラ萌え用。

その11.セル画(線画付き・背景なし)

H2531310cel
二次元の彼らにとって、セル画こそ本体だと思うのです。中学だか高校時代、勇気を出してセル画即売会で購入したもの。学生のお小遣いですから、高価な背景付きのセル画は買えず(しかもそういうのはオークションだった)、福袋的な「何が入ってるか分からない」セットで購入。20枚くらいあります。そんな中で、お目当てのオベ閣下を入手したのだから、引きが良かったのかも(繰り返しになりますが、当時のオベ閣下の需要は極めて少なく、背景付きセル画でも販売されませんでした。流通数自体が少なかったと思われます)。もちろん、キャラ萌え用。

他にも、グッズを挙げればまだあるのですが、創作に使っているのはこのくらいでしょうか。ほとんどの物は10代の時に買っているので、安価なものが多いです。

そんなところで、今日はこの辺で。

« ジーク・カイザー~史上最大の作戦 (銀河英雄伝説 二次小説) | トップページ | 銀英伝イラスト オーベルシュタイン(嫌な予感) »

二次創作小説(銀河英雄伝説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二次創作資料の紹介…もとい銀英グッズ紹介:

« ジーク・カイザー~史上最大の作戦 (銀河英雄伝説 二次小説) | トップページ | 銀英伝イラスト オーベルシュタイン(嫌な予感) »