2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 海鷲~Seeadler(ゼーアドラー)~にて | トップページ | Der Blaue Himmel ~青空~ (銀河英雄伝説 二次小説) »

2013年5月11日 (土)

文字書きさんに聞きたい15の質問(答えて見ました)

pixivの企画物にあったので、回答してみました。
その転載でございます。

質問の出典はこちらです。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=394797

そんなわけで、この記事は二次小説ではありません。

一部、以前に書いたプロットを公開してますが、その内容が銀英二次なので、このカテゴリに入れました。

-----------------------------------------------

文字書きさんに聞きたい15の質問

1.小説のネタはどんな時に浮かびますか?

……布団に入って寝入るまでの自由妄想タイム。
雑念がなくなるので浮かびやすいかな?
でも、特に限定はありません。日中、ふとした瞬間に浮かぶことも。
その妄想を広げて順序立てて構成するのに、夜間を使うことは多いかも。

2.作業環境を教えてください。

PC上、メモ帳に入力するのが主。昼休みに職場で、裏紙とかに手書きで書き殴ることも。

3.簡単に一つの小説を書かれる際の作業工程を教えてください。

(二次創作の場合)「このあたりのことを書きたい」と思って、原作を読み返す→(以下オリジナルと共通)ネタの浮上→妄想を広げて枠組みを脳内作成→(長編なら)プロット作成→メモ帳に冒頭から書き出す→書き上がり→読み返し&推敲→公開

4.プロット(構想)は立てられますか?

ある程度の長さになるようなら、登場人物の設定、章タイトル、その章で絶対に書いておきたいことをまとめます。
短いものなら、脳内プロットで処理。

5.4で「はい」と答えられた方、プロットは箇条書き派?文章でまとめる派?図解する派?その他派?

箇条書きと文章の併用です。入れておきたいフレーズそのものが浮かんでいる時などは文章。

6.宜しければ公開出来る範囲でプロットを拝見させてください。

黒い光を見た男 プロット(抜粋)
『 』は回想シーン。※主人公はトリューニヒト

第1章 青年たち
 宇宙暦777年6月、国立中央自治大学卒業。謝恩会の後、フロリア、ジョリオと共に、夜の公園で夢を語り合う。『770年政治家の道へ進むことを決意した日のこと』

第2章 若き息吹
 宇宙暦780年、秘書官として仕事を始めて3年近く経つ。エドモンド・グライスについて、ハイネセン公共地・施設美化委員会設立5周年記念パーティに出席。グライス委員長、ザイド副委員長。ゴーリア元首も姿を現す。政治家に対し、小さな疑問を抱きはじめる。

第3章 令嬢
 疑問を意識的に打ち消しながら働き続けているヨブのところへ、宇宙暦781年2月、エレン・ゴーリアとの見合話をグライスから持ちかけられる。フロリアのことを思い悩んでいると、ある日ゴーリア元首と対面させられる。「会うだけ会ってみたまえ」と言われ、仕方なく承諾してしまったが、なおもフロリアに打ち明けられず悩み続ける。3月11日、結局打ち明けぬまま見合。エレンから婚約を迫られるが、拒否の返答を送る。

第4章 絶望の序幕
 エレンの指示で調査され、5月、ヨブの父の会社でザイドとの贈収賄事件が発覚する。両親との信頼関係が失われたような気がして、絶望する。世間に発表されたくなければ、彼女との婚約を承諾しろとゴーリアに言われ、どうでもいいという気持ちで承諾。ヨブの心に、何かが棲みつきはじめる。5月下旬、ジョリオと再会。ヨブの変異を不審に思われ、とうとうエレンとの婚約に気付かれる。『774年フロリア・ドルマンに出会う』

(以下略)

あ、これは銀河英雄伝説の二次創作でした。かなり昔のプロット。

7.小説を書くにあたって、ご自分で一番気をつけていることはどんなことですか?

何らかの形でテーマが見えてくるように書くこと。
ご都合主義に陥らないこと。
二次創作なら、原作の世界観やキャラ設定を壊さないこと、原作の『行間』を表現することに専念すること(IFは書かない、オリキャラを主人公にしない等)。

8.小説を書くにあたって、ご自分ではあまり気をつけていないことはどんなことですか?

プロット通りに進まないこと。キャラが生き生きと自由に動き出したら、もう温かく見守るしか……。

9.ここだけは書くときにこだわる!と言う個所があれば教えてください。

同じ単語を何度も使わないこと?……必要があって、あえて同じ言葉を重ねることはありますが、なるべく語彙が貧弱にならないように心がけています。
あとは、音読した時に煩わしくないようなリズムを意識すること。
ハッピーエンドでもバッドエンドでも、ラストが魅力的に表現できるように……頑張ってるつもりです。

10.一つの話を書くのにどれくらいお時間かかりますか?また、一つのお話は文字数で示すとどれほどの数になりますか?

短いものなら2時間~。長編だと……調子によるでしょうか。文字数は3,000字~10,000字程度が多いかと思います。

11.タイトルを決める際に注意していることはどんなことですか?

簡潔であること、テーマに沿っていること、(作品の性質に応じて)意外性など。

12.イベントで小説スケブを求められた!受ける?受けない?

……む、無理です。

13.差し支えなければ12のお答え理由を教えてください。

とりあえず、あり得ないと思うのですが。あえて理由を挙げるとすれば、自分は長時間熟考タイプなので。

14.小説を書いた後、ロゴやデザイン・表紙などでこだわりがあると言う方、教えてください。

イメージはありますね。自分に画力がないので諦めていますが、絵師さんにご協力頂けるなら、うるさく注文をつけると思います。

15.こんなこと他の文字書きさん・絵描きさんとやってみたいなあということがあれば教えてください。

絵を描けない癖に、漫画にしたいネタとかも浮かぶので、ネタ出しあって交換など。もしくはリレー小説とか。同じテーマや縛りをつけて、全然違う小説を書いて楽しむなど(あ、それ企画ものってやつですね)。

----------------------------------------------------

良く分からない感じになってしまいましたが、皆さん、色々なこだわりがあるんですね~と、他の方の回答を読んで、自分も衝動的に答えてしまいました。

« 海鷲~Seeadler(ゼーアドラー)~にて | トップページ | Der Blaue Himmel ~青空~ (銀河英雄伝説 二次小説) »

二次創作小説(銀河英雄伝説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文字書きさんに聞きたい15の質問(答えて見ました):

« 海鷲~Seeadler(ゼーアドラー)~にて | トップページ | Der Blaue Himmel ~青空~ (銀河英雄伝説 二次小説) »